ポストカード【黒猫と黒猫のお話。】*ほしくず。

hoshikuzu_4

216円(税込)

在庫状況 在庫 0 売切れました。

最低ご購入金額は、商品代金の合計額【1,000円】以上です(送料と手数料は除きます)
【ほしくず。】のポストカードです。

ここは猫しかいない、猫の王国でした。
この国には三毛猫や虎猫、
シャム猫などしかいませんでした。

−この黒猫たちを除いては。

「なぁ黒猫」黒猫は
ゆっくりと喋りました。
「なんだい?黒猫」黒猫は
ゆっくりと返事をしました。

「おれたちの名前を決めないか?
ややこしくてかなわん」
すこし大人びた声の黒猫が、
敷き詰められた石の地面を
てくてくと歩いてゆきます。
「…じゃあ僕はクロがいいなぁ。」
落ち着いた声の黒猫が、
敷き詰められた石の地面を
てくてくと歩いてゆきます。

「…おれもクロがいいんだがなぁ。」
「まぁまぁ。言ったもん勝ちでしょ。」
「思ってたのはおれが先だぞ?」
みるみる二人の顔がこわばっていきます。
「そんな事分からないじゃない!」
「だいたいお前はいつもー」

かぁ。

そんな二人の真上で、
森に帰るからすが大きく一鳴きしました。
二人が空を見上げると、
絵の具をひろげたみたいに
まっかな空が広がっていました。

それはふたりが大好きないろ。

黒猫と黒猫が、足をとめて目を合わせました。
「…帰ろうか、黒猫?」
「ああ、帰って飯にしよう、黒猫。」

二人は笑顔でお家に帰って、
仲良くごはんを食べて、
仲良く二人で寝ました。
こうして二人の毎日は
喧嘩しながら、仲良くしながら、
ゆっくりゆっくり進んでゆくのでした。

絵ハガキとしてのご使用はもちろん、リビングや自分のお部屋など、大切な場所でのインテリアとしてもおすすめです。
飾っていただくだけで 素敵な空間を演出いたします。
お手紙や、プレゼントに添えるメッセージカード、気軽な贈り物としても。
この作品から生まれる物語を、ごゆっくりとお楽しみください。

サイズ 10cm×14.8cm (一般のハガキサイズです)
仕様 インクジェット印刷。
備考 個別のビニール袋に入っているため安心です。
宛名面は無地。
*90401*90502

イメージはありません。

>